Site Loader

Opening Hours : Monday to Friday - 9am to 6pm

ワークライフバランスへの配慮が注目されている中、RPA業界におけるパイオニア的存在のソフトウエア会社「Automation Anywhere社」のミヒール・シュクラCEO兼共同創立者が、東洋経済オンラインにて、Automation Anywhere社の強みやRPA市場の今後についてのインタビューが掲載されていましたのでご紹介いたします。

日本でのRPAの需要や用途は?

ミヒール・シュクラCEO曰く「日本での指数関数的なスピードでRPAの需要は加速している。続々と企業が参入しはじめいる。」と述べております。用途においては、やはり人事や経理といった間接部門でニーズが高いようです。また、少子高齢化の日本が抱える労働人口減少と人材不足の問題に対して、RPA導入にてバックオフィス業務等の自動化で改善できると、あらためて強調しております。

大手企業も何故、Automation Anywhere社のRPAを頼る?

グーグルのようにRPAを内製してしまえそうな企業も、Automation Anywhere社のRPAがオフィスワーカーに向けて設計されているので、内製のコストよりAutomation Anywhere社の技術を使用したほうがよいと考えているようです。さらに、RPAの最新動向では中堅企業での導入が今後本格化するとも言われております。

Automation Anywhere社のRPAは、他社との差別化は?

仕事で必要な「思考」「実行」「分析」という3つの行為それぞれにおいて製品を出していることと、他社製品は特別な技術を必要とするが、Automation AnywhereのRPAは業務部門やIT部門など、どんなユーザーでも簡単に使いこなせるのも特徴です。

Automation Anywhere社は、ビジネスフレームワークがしっかりしているのと、ユーザーを一番に考えた(使いやすさ・満足度)戦略がインタビューの記事で伝わってきます。

米国シェアNo.1の絶対的な優位性を持って、日本のRPA市場にてAutomation AnywhereのRPAは「働き方改革」は推進し、企業はこれまでの働き方を見直すことが必要になると思います。

東洋経済オンライン|グーグル・GMも頼る「RPA」世界トップの実力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Demo Video

RPA(ロボットによる業務自動化)のデモ動画をご紹介いたいます

RPAデモ動画「交通費精算編」

RPAデモ動画「ブラウザデータ取得編」

RPA導入に関するご質問・お問合せはこちらから

Call us Tel : 045-640-5571

Access Map

神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2 横浜ブルーアベニュー5F